放課後の生活時間調査−子どもたちの時間の使い方[意識と実態] 速報版

    PAGE 18/22 前ページ 次ページ

4.時間に関する意識

(3)時間の使い方の点数(自己評価)

小学生は約70点、中学生は約60点、高校生は約50点

時間の使い方の点数(自己評価)をたずねたところ、比較的高い80点以上をつけたのは、小学生4割、中学生2割、高校生1割。学校段階が上がるほど平均点が下がり、時間の使い方の満足度は低下している。また平均点は小6生(68.4点)から中1生(60.3点)の変化が最も大きい。中学生は、時間の使い方が大きく変化する時期と考えられる。

Q.あなたの日ごろの時間の使い方は、100点満点で、だいたい何点ぐらいだと思いますか。

図4-3:時間の使い方の点数(自己評価)
表4-1:時間の使い方の点数(学年別・平均点)

注1 無回答・不明は省略している(図4-3)。
注2 平均点は、無回答・不明を除いて算出した(図4-3、表4-1)。

     PAGE 18/22 前ページ 次ページ
目次へもどる 調査・研究データ