教育格差の発生・解消に関する調査研究報告書

    PAGE 8/28 前ページ 次ページ

基礎データ編/B.児童アンケート調査結果概要

4.子どもからみた保護者の様子

学力が高い子どもの家庭では、保護者自身も知的な活動をしている。

Q.あなたの家のことについてお聞きします。

図B−4:子どもからみた保護者の様子(全体、国語学力階層別)

図B−4は、子どもからみた保護者の様子について、全体と国語学力階層別(A層とD層のみ)の数値を示した。ここからは、主に次のようなことがわかる。

第一に、「家の人はテレビでニュース番組を見る」「家には本(マンガや雑誌を除く)がたくさんある」など、保護者自身の知的な活動と子どもの学力に関連がみられる。第二に、学力の上位層(A層)ほど、保護者からの知的な働きかけを受けている。D層に比べてA層は、「小さいころ、家の人が絵本や本を読んでくれた」「家の人に博物館や美術館につれていってもらったことがある」で、「あてはまる」の比率が高い。第三に、学力の上位層(A層)の家庭では、家のルールが決められている傾向がある。「テレビゲームをしてもいい時間が決められている」「あなたが見てもいいテレビ番組が決められている」は、A層のほうが肯定している。ここに示した3つの傾向は、算数でもあまり変わらなかった。

     PAGE 8/28 前ページ 次ページ
目次へもどる 調査・研究データ