第5回学習指導基本調査(小学校・中学校版)・ダイジェスト版

    PAGE 29/32 前ページ 次ページ

平日、学校にいる時間は約12時間、
週末の出勤は1か月平均4.5日におよぶ

中学校教員が学校にいる時間は07年調査に比べ15分長くなり、およそ12時間である。その一方、家での仕事時間は約7分減少している(54.9分)。土日の平均出勤日数は4.5日で、運動部顧問の場合、5.1日におよぶ。

Q.授業がある平均的な1 日についてうかがいます。

図8−4 出勤時刻・退勤時刻・学校にいる時間・睡眠時間(平均時間、経年比較)中学校 教員

図8−4  出勤時刻・退勤時刻・学校にいる時間・睡眠時間(平均時間、経年比較)

Q.あなたは、土曜日または日曜日に出勤すること(部活動は含む、学校行事を除く)が1か月あたり何日くらいありますか。

図8−5 土日の出勤日数(全体・担当している部活動別、10年調査)中学校 教員

図8−5  土日の出勤日数(全体・担当している部活動別、10年調査)

Q.授業がある平均的な1 日についてうかがいます。

図8−6 平日の生活時間(平均時間、経年比較)中学校 教員

図8−6   平日の生活時間(平均時間、経年比較)

※「家で学校の仕事に費やす時間」「新聞を読んだり、読書したりする時間」「テレビを見たり、音楽を聴いたりする時間」「教材研究や授業準備に費やす時間(学校と家で行う時間の合計)」は、「ほとんどしない」を0分、「3時間以上」を180分のように置き換えて、無回答・不明を除いて平均を算出した(図8−3、図8−6) 。
※*印は、小学校の98年調査、02年調査、中学校の97年調査、02年調査でたずねていない項目。**印は、小・中学校の02年調査でたずねていない項目(図8−3、図8−6) 。

     PAGE 29/32 前ページ 次ページ
目次へもどる 調査・研究データ