教育情報 高校向け

『VIEW21』高校版 2014年度 10月号
【特集】変化を生き抜く「軸」と「修正力」の育成(1)
自己肯定感を高める教育活動のトータルデザイン

関連タグ: 進路指導 キャリア教育 移行措置 授業研究・評価・授業力 新課程 学習指導要領 読解力・表現力

クリップする

特集

  • 変化を生き抜く「軸」と
    「修正力」の育成(1)

    自己肯定感を高める
    教育活動のトータルデザイン

  • 【OVERHEAD VIEW】

    本誌8月号では、10年後を見据えた人材育成における指導の観点の1つとして、変化の激しい社会を生き抜くために必要な、変化に流されない「軸(をつくる力)」とその「軸」に基づいて変化に柔軟に対応する「修正力」の育成を取り上げた。

    今号から、その2つの力を高校教育においてどのように育んでいくのかを考えていく。

  • 【座談会】

    軸と修正力を育むために
    学校という「社会」をデザインする

    ・大阪産業大 教養部教職課程 准教授 定金(さだかね)浩一
    ・栃木県立栃木高校 篠山 秀志(ひでし)
    ・長野県・私立エクセラン高校 吉見(よしみ) 繁憲

  • 【学校事例】

    自己肯定感と多角的な視点を生徒に育む指導とは

    ・北海道・私立札幌日本大学高校
    ・神奈川県・私立聖セシリア女子中学・高校
    ・長崎県立長崎西高校

私を育てたあの時代、あの出会い

  • 現状に甘んじることなく
    常に上を目指し、変化した

    ・石川県立金沢泉丘(いずみがおか)高校 森 博之

新課程 指導最前線

  • 2年生に対する受験生への切り替え指導

    ・岡山県立倉敷青陵高校
    ・佐賀県立致遠館(ちえんかん)中学・高校

指導変革の軌跡

  • 秋田県立花輪高校

    キャリア教育◎
    振り返りと評価指標を重視したキャリア教育で
    社会人に求められる力を育む

  • 広島県・私立広島女学院中学高校

    難関大指導とスーパーグローバルハイスクール◎
    難関大対策講座とグローバル教育を機に
    生徒の意欲を高める

    ※本誌で紹介している資料をこちらからダウンロードできます。

      広島女学院の新しい特色教育 “Peace Studies”



生きたデータの徹底研究

  • 「3年生2学期後半の意識付け」

    ※生徒指導・進路指導上、活用できる資料を加工可能な形式で
    ダウンロードできます。

      「生徒指導・進路指導ツール集 2014年度10月号分」

  • ① 家庭学習の成果と課題を客観視する「学習の記録」

  • ② 志望の軸を明確にする面談資料

  •   

半歩未来を考える教育オピニオン

  • 「知の統合」の流れが学問のあり方を変える

    産業技術大学院大 特任教授・名誉教授
    福田 哲夫

未来をつくる大学の研究室

  • 磁石を応用した新素材・技術を開発し
    生活の快適性・利便性を向上させる

    豊橋技術科学大大学院 工学研究科
    井上 光輝(みつてる)研究室

VIEW'S REPORT

  • ●4技能を問う外部英語検定試験を導入

    グローバル人材の育成に向けて
    筑波大が推進する入試改革の内容に迫る

    筑波大理事、副学長(教育担当)
    阿江 通良(あえ みちよし)

  • ●2014 年12月に関西学院大で開催!

    日本最大のグローバル大学博覧会
    「第2回 GO GLOBAL JAPAN EXPO 2014」

    関西学院大副学長(国際連携機構長)神余(しんよ)隆博

【告知】シリーズ授業大公開

  • ウェブで授業参観ができる

    シリーズ授業大公開
    「シリーズ授業大公開」
      がオープン!

Reader's VIEW

  • 読者の先生方からのご意見を紹介します

色とりどりの学びの情景

  • hyou_04

    表紙の学校 北海道紋別高校

     
  • 「地域を思う心」

関連した過去の特集記事

おすすめ関連情報

※本文中のプロフィールはすべて取材時のものです。
また、敬称略とさせていただきます。

※本誌記載の記事、写真の無断複写、複製及び転載を禁じます。

表紙の学校は「北海道紋別高校」です。

こちらから電子ブックでの閲覧、または全体のPDFがダウンロードできます。

GET ADOBE READER

※PDFの内容をご確認いただくためにはAdobe Readerが必要です。
GoogleChrome等のブラウザに内蔵しているPDFビューアでは、一部ご覧いただけない場合がありますことをご了承ください。

ページのTOPに戻る