教育情報 高校向け

高校版 企画室より

『VIEW21』高校版 編集方針

『VIEW21』高校版はこれまで、進路指導のパートナーとして、高校教育の役割を果たすための理想の指導のあり方を、先生方とともに考えてまいりました。いつの時代の生徒にも響く指導、そして、社会や生徒の気質の変化に応じて変えていく必要のある指導と、指導のあり方にも不易と流行の2つの側面があるかと思います。グローバル化、デジタル化など、目まぐるしく社会環境が変化する今日においては、これまで以上に不易と流行のバランスをどのように考えるかが重要なのではないでしょうか。弊誌は、現場の課題解決につながる指導の追求をしながら、中長期の視点で高校教育をとらえ、半歩未来の指導のあり方を積極的に提案していきたいと思っております。これからも、「先生方とともに考える 新しい進路指導のパートナー」として。

『VIEW21』高校版 編集長 柏木 崇

企画室より

≫【『VIEW21』高校版2月号・特集】
教師の背を見せ生徒を育てる

『VIEW21』高校版 編集長 柏木 崇

≫【『VIEW21』高校版12月号・特集】
「学びなさい」を経て「学びたい」へ

『VIEW21』高校版 編集長 柏木 崇

≫【『VIEW21』高校版10月号・特集】
「できる!」「できた!」 を仕掛ける

『VIEW21』高校版 副編集長 竹内 正興

≫【『VIEW21』高校版8月号・特集】
   生徒の今と未来をつなぐ2つの力

『VIEW21』高校版 編集長 柏木 崇

ページのTOPに戻る