初等中等教育研究室

調査・研究データ

「第5回学習基本調査」データブック [2015]

関連タグ: 学習 初等中等教育研究室 小学生 中学生 高校生 調査 学習時間 勉強の好き嫌い 学習習慣 勉強時間

クリップする

報告書を一括ダウンロードする。

≫PDFダウンロード

GET ADOBE READER

※内容をご確認いただくためにはAdobe Readerが必要です。

調査の目的

本調査は、子どもの学習に関して、学校での学び、家庭学習や校外学習、学習に対する意識・意欲、進路意識など、広くその実態をとらえ、経年での変化をみることを目的としています。1990年に第1回調査をスタートし、2015年に第5回の調査を実施、25年の変化をみることができます。

調査の概要

●調査テーマ 
小学生・中学生・高校生の学習に関する意識・実態調査


●調査方法
学校通しによる自記式質問紙調査


●調査時期
2015年6月~7月


●調査対象
小学5年生・中学2年生(公立)
全国3地域(大都市(東京23区内)、地方都市(四国の県庁所在地)、郡部(東北地方))
--------------------------------------
高校2年生(公立普通科)
全国4地域(大都市(東京23区内)、および東北・四国・九州地方の都市群と郡部)
--------------------------------------

●調査項目
教科の好き嫌い/教科の理解度/家庭学習の時間・内容・様子/勉強の仕方/日常生活の中の学び/
授業で好きな学習方法/授業での能動的な学習の経験/通塾/習い事/学習上の悩み/
希望する進学段階/メディアの利用/家庭環境 など
※調査テーマ・項目は、ほぼ同じだが、時代の変化に合わせて、追加・削除している。

プレスリリース

 

学習時間は小・中・高校生とも00年代を底に回復へ。
授業では能動的な学習活動が好きな子どもが06年比で増加。
~学習量の増加とともに、学びの質にも変化の兆し。「確かな学力」路線の影響、顕著に~

≫PDFダウンロード

 

●記者説明会資料(お茶の水女子大学 教授 耳塚寛明)

≫PDFダウンロード

データブック の目次・詳細

調査概要・基本属性

≫PDFダウンロード

1.学校での学習

1.教科や活動の好き嫌い
2.授業の理解度
3.授業で好きな学習方法
4.能動的な学習(アクティブ・ラーニング)などの実施率
5.興味・関心の広がり

≫PDFダウンロード

2.家庭での学習

1.平日の学習時間・宿題の時間
2.宿題の種類
3.家庭学習習慣
4.テスト勉強の開始時期
5.家での学習の様子
6.本やメディアへの接触
7.学習とICTメディア

≫PDFダウンロード

3.意識

1.成績観・学力観
2.学習の悩み
3.勉強の効用
4.社会観・将来観

≫PDFダウンロード

4.校外学習・受験

1.小学生の習い事
2.中学受験
3.大学入試

≫PDFダウンロード

TOPICS1.好きな教科・活動ランキング

≫PDFダウンロード

TOPICS2. 子どものたちの学習時間と教育環境の変化

≫PDFダウンロード

調査企画・分析メンバー

≫PDFダウンロード

関連情報


関連調査ラインナップ

»第5回学習基本調査」報告書 [2015]

»第4回学習基本調査・国内調査 高校生版 [2006年]

»第4回学習基本調査・学力実態調査 [2006年]

»第4回 学習基本調査・国内調査 中学生版 [2006年]

»学習基本調査・国際6都市調査 [2006年~2007年]

»学習基本調査・国際6都市調査 速報版 [2006年~2007年]

»第4回学習基本調査・学力実態調査 ダイジェスト版 [2006年]

»第4回学習基本調査報告書・国内調査 小学生版 [2006年]

»第4回学習基本調査・国内調査 速報版 [2006年]

»第3回 学習基本調査 高校生版 [2001年]

»第3回 学習基本調査 中学生版 [2001年]

»第3回 学習基本調査 小学生版 [2001年]

»第2回 学習基本調査報告書 高校生版 [1996年]

»第2回 学習基本調査報告書 中学生版 [1996年]

»第2回 学習基本調査報告書 小学生版 [1996年]

»第1回 学習基本調査報告書 高校生版 [1990年]

»第1回 学習基本調査報告書 小・中学生版 [1990年]


ベネッセのオピニオン

»第101回 「学習基本調査」の結果を教育現場はどう読み解くのか
    ~「学ぶ意味と主体性」シンポジウムからみえてきた課題~

ページのTOPに戻る