子どもの生活と学び

● モニターの方へのお知らせ

2015.2.16

調査再開のご連絡と調査へのご協力のお願い

昨年7月に判明しました(株)ベネッセコーポレーションにおけるお客様情報の漏えい事故に関しまして、皆様に多大なご迷惑とご心配をおかけしましたことを、心より深くお詫び申し上げます。

東京大学社会科学研究所とベネッセ教育総合研究所の共同研究「子どもの生活と学び」研究プロジェクトは、7月以降、活動を停止しておりましたが、2015年2月より調査研究活動を再開いたしました。

つきましてはこの度、昨年、調査モニターとしてご登録された皆様にお手紙を差し上げ、改めて現況をご説明差し上げますとともに、引き続き調査へのご協力をお願いいたします。

【本研究プロジェクトの活動停止について】

昨年7月のお客様情報漏えい事故後に行った社内調査の結果、本研究プロジェクトのモニター登録の情報は、今回漏えいしたデータベースとは別に当研究所で保管をしており、漏えいしておりません。また、モニターの方に協力いただいたアンケートの回答も同様の保管をするとともに、回収した時点で個人情報とは切り離す処理を行うなど、万全の管理体制をとっております。しかしながら、今回の情報漏えい事故を厳粛に受け止め、本研究プロジェクトが7月以降に予定していた調査の実施をすべて延期しておりました。

【本研究プロジェクトを再開する理由】

日本社会や教育が変化しているなか、子どもたちや保護者の皆様に、引き続き教育や子育てに関する有益な情報を提供していくことが、私ども研究所の役割であると考えております。この度、皆様にご登録いただいた個人情報や調査内容の管理が安全にできる体制が改めて確認できましたので、調査研究活動を再開することにいたしました。

今後、ベネッセグループ全体で情報管理の一層の強化、再発防止に取り組んでまいる所存です。また、その取り組みを随時、ホームページ等で公表してまいります。

引き続きご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

【本研究プロジェクトモニターについて】

●モニターをお願いしている皆様:

宛名のお子さまとその保護者の方(小学1年生~高校3年生)各1,500組、合計18,000組

●モニター期間: 2014年~複数年(3年程度)

※高校3年生の方には、3月実施の調査の際に、モニター継続についてお尋ねします。
※今後のプロジェクトの進行状況や今後の調査予定については、こちらのサイトで随時お知らせいたします。

【個人情報およびデータの取り扱いについて】

・これまでにモニター登録の際に、はがきやWEBなどでご提供いただいた個人情報は、本研究プロジェクトの調査実施や謝礼発送にかかわるご連絡の目的で利用します。

・調査で回答いただいた内容は、モニター登録の際にいただいた個人情報とは切り離して保管いたします。

・ベネッセ教育総合研究所は、(株)ベネッセコーポレーションから親会社の(株)ベネッセホールディングスに組織移管となりました。皆様からいただいているモニター登録の際の個人情報や回答データは、(株)ベネッセホールディングス ベネッセ教育総合研究所にて取り扱い、社内の情報セキュリティ監視体制のもとで厳重に管理いたします。

・本研究プロジェクトで新たに取得した情報は、皆様の許可なく、(株)ベネッセコーポレーションの顧客データベースに反映することはございません。



ページのTOPに戻る