次世代育成研究室

次世代育成研究室について

設立背景

高岡純子

次世代育成研究室長高岡 純子

次世代育成研究室は、結婚・妊娠・出産を起点とする家族の始まりから子どもの就学前まで、学校教育以前の子どもたちにとって人間形成の重要な期間を担当します。妊娠期から社会人まで、幅広い事業領域を持つベネッセの入り口を担う研究室です。

目的使命

少子高齢化、核家族化、女性の社会進出、経済のグローバル化、ITによる情報化などの社会変化の中、乳幼児期の家族は様々な課題に直面しています。この研究室の第一の使命は、子どもと家族の視点に立ち、調査研究で得たエビデンスを積み重ねながら、乳幼児期の家族にとってよりよい育ちにつながる知見を生み出し、発信していくことです。
また、幼児期の学びを重視する世界的潮流を取り入れ、「学びに向かう力」の研究を始めとした海外・国内の保育・幼児教育のあり方を検討し、子どもたちが生涯学習の良き第一歩を踏み出すことができるようにすることをもう一つの重要な使命と考えています。

研究領域と研究テーマ

次世代育成研究室は、妊娠・出産、子育て、保育・幼児教育を対象領域とし、学際的な調査研究と体系的な理念の構築を行います。また、海外にも調査研究のネットワークを広げ、OECDとの共同研究や国際的な調査研究にも取り組んでいます。調査研究の成果は広く社会に還元し、様々な分野でご活用していただくことで、次世代の育成に貢献します。

研究テーマ

  • 妊娠出産子育て基本調査(妊娠期から子どもが2歳までの保護者の意識と子育ての実態)
  • 未妊調査(子どもを持つことについての意識・実態)
  • 幼児教育・保育についての基本調査(幼稚園、保育所、認定こども園の園長への調査)
  • 幼児期の家庭教育調査(年少児~小1の子どもの「学びに向かう力」についての調査)
  • 社会情動的スキルの研究(OECD共同研究)
  • 乳幼児のメディア視聴に関する調査研究
  • 幼児の生活アンケート、子育て生活基本調査(乳幼児の生活実態と保護者の子育て観)
  • 乳幼児の父親についての調査(父親の子育ての意識や実態)
  • 前産後の生活とサポートについての調査(出産前後の母親のサポート実態と意識、サポートと愛着形成の関連)

研究室概要

研究員

高岡 純子 (たかおか・じゅんこ) 室長/主任研究員
2006年より現職。
乳幼児領域を中心に子ども、保護者、園を対象とした意識や実態の調査研究、乳幼児とメディアの研究などを担当。
これまで担当した主な調査は、「幼児の生活アンケート」(2000~2015年)、「乳幼児の父親についての調査」(2005年~2014年)、「妊娠出産子育て基本調査」(2006年~2011年)、「幼児期の家庭教育調査」(2011年~2015年)、「乳幼児のメディア視聴に関する調査研究」(2011~2013年)など。
文科省幼児教育に関する調査研究拠点の整備に向けた検討会議委員(2015年度)、千代田区こども子育て会議委員(2014年~)など。

真田 美恵子 (さなだ・みえこ) 主任研究員
乳幼児領域を中心に、保護者や幼稚園・保育所・認定こども園の園長を対象とした意識や実態の調査研究を担当。
これまで担当したものは、「幼児教育・保育についての基本調査」(2007・2008年、2012年)、文部科学省委託事業「保育者研修進め方ガイド」(2010年)、文部科学省委託事業「認定こども園における研修の実情と課題」(2009年)、園向けの情報誌「これからの幼児教育」編集(2008年)、「第5回幼児の生活アンケート」(2015年)など。

田村 徳子 (たむら・さとこ) 研究員
(株)ベネッセコーポレーションの小学講座教材編集などを経て、2008年度より現職。
妊娠・出産期から乳幼児をもつ家族を対象とした意識や実態の調査・研究を担当。
これまで担当した主な調査は、「妊娠出産子育て基本調査」(2008年~2010年)、「幼児期の家庭教育調査」(2011年~2015年)「乳幼児のメディア視聴に関する調査研究」(2011年~2013年)など。
新しく若い生命の存在が、家族や社会など周囲とどのようにかかわりを持ち、互いに影響を与えて次世代を担っていくのかを探り、知見を広く還元したいと思っている。

持田 聖子 (もちだ・せいこ) 研究員
2006年より現職。
妊娠・出産期から乳幼児をもつ家族を対象とした意識や実態の調査・研究を担当。
これまで担当した主な調査は、「妊娠出産子育て基本調査」(2006年~2011年)、「首都圏"待機児童"レポート」(2009年~2011年)「未妊レポート─子どもを持つことについて」(2007~2013年)、「産前産後の生活とサポートについて調査」(2015年)など。
学生向けにライフデザインのワークショップを開催。生活者としての視点で、人が家族を持ち、役割が増えていくなかでの意識・生活の変容と環境による影響について調査・研究を行っている。

アクセス方法はこちら

ページのTOPに戻る