スマートフォンサイトを見る
研究所について
谷山和成


学びは未来

私たちの祖先は様々な課題や困難を、
学びによる英知で乗り越え、今をかたち造ってきました。

地球規模で変化の規模とスピードが加速するこの先も、
人々のたゆまぬ学びが未来を創っていくに違いありません。

ベネッセ教育総合研究所は、
国内外の研究者・実践者のみなさまとともに、
子ども・保護者・先生、一人ひとりの成長の
仕組みを解明するエビデンスを創出し、
より豊かな未来の実現につながる学びのあり方を、
社会に提案し続ける存在を目指して研究活動に取り組んで参ります。

一層のご指導、ご支援をお願い申し上げます。

ベネッセ教育総合研究所 所長 谷山 和成

小林一木

教育企画研究室  室長 小林 一木


福武書店(現ベネッセコーポレーション)入社以来、高等学校の教育支援に携わり、進研模試責任者、アセスメント開発責任者を経て、2018年にベネッセ教育総合研究所副所長、2019年より現職。帝京大学非常勤講師(2019年)、一般社団法人教育のための科学研究所理事(2017~)、島根県総合教育審議会委員(2018年~)、東京都教育委員会と教職大学院との連携協議会委員(2018年~)。「新しい学び」の調査、研究を担当。主に学習環境デザインをベースに、教科教育のインストラクショナルデザイン、探究などのワークショップデザイン、カリキュラムマネージメントの研究。最近の興味は、ラーニングコミュニティの生成、創造力の育成によるイノベーション。また、研究の一環として、ワークショップの開発、学校等での実践を行っている。LEGO(R) SERIOUS PLAY(R) メソッドと教材活用トレーニング修了認定ファシリテーター、2030 SDGs 公認ゲームファシリテーター、SDGs de 地方創生 公認ファシリテーター、日本アクションラーニング協会認定アクションラーニングコーチ、交渉学協会認定交渉学プラクティショナー、Read For Action認定リーディング・ファシリテーターなど。

高岡純子

学び・生活研究室  室長 高岡 純子


乳幼児領域を中心に、子ども、保護者、園・学校を対象とした意識や実態の調査研究、乳幼児とメディアの研究などに携わる。2018年よりベネッセ教育総合研究所次世代育成研究室室長、2019年より学び・生活研究室室長。恵泉女学園大学非常勤講師(2015年)、文部科学省「幼児教育に関する調査研究拠点の整備に向けた検討会議委員」(2015年)、千代田区子ども子育て会議委員(2014年~2017年)、多摩市子ども子育て会議副委員長(2018年~)、三重県教育改革推進会議委員(2019年)など。

加藤由美子

言語教育研究室  室長 加藤 由美子


㈱ベネッセコーポレーション大阪支社を経て、ベルリッツ・シンガポールの学校責任者として駐在。帰国後は、ベネッセの英語教育事業開発を担当。研究部門に異動後は、ECF(幼児から成人まで一貫した英語教育の理論的枠組み)開発や小中高生の英語学習に関する調査や英語力を伸ばしている学校の研究に携わる。英語教育が、子どもの成長やことばの力の育成にどのように資するのか、に関心を持っている。

鎌田恵太郎

資質能力測定研究室  室長 鎌田 恵太郎


1986年福武書店(現ベネッセコーポレーション)入社。進研模試副編集長、学力分析システム(現スタディーサポート)開発責任者を経て、2003年ベネッセ教育総研主任研究員、2005年ベネッセ教育研究開発センター主席研究員、2013年ベネッセ教育総合研究所高等教育研究室長/主席研究員 兼 アセスメント開発課長、2014年よりベネッセ教育総合研究所アセスメント研究開発室室長、2018年よりベネッセ教育総合研究所アセスメント・教材研究開発室室長兼カリキュラム研究開発室室長。

        
木村 治生

主席研究員 木村 治生


ベネッセコーポレーション入社後、子ども(乳幼児~大学生)、保護者、教員を対象とした意識や実態の調査研究、学習のあり方についての研究、教育市場(産業)の調査などを担当。文部科学省や経済産業省、総務省から委託を受けた調査研究にも数多く携わる。東京大学客員准教授(2007、2014~16)、横浜創英大学非常勤講師(2018~)、文部科学省「中高生を中心とした子供の生活習慣づくりに関する検討委員会」委員(2013)、「中高生を中心とした生活習慣マネジメント・サポート事業」における選定委員会委員(2017)、光り輝く「教育立県ちば」を実現する有識者会議委員(2014)、富山県学力向上対策検討会議アドバイザー(2014)、草加市子ども教育連携推進委員会専門部会委員(2014~)など。専門は社会調査、教育社会学。

        

 

ページのTOPに戻る