スマートフォンサイトを見る

調査・研究データ 初等中等研究室

東京大学社会科学研究所・
ベネッセ教育総合研究所共同研究
「高校生活と進路に関する調査2015-2022」

公開日: 2022.07.04

東京大学社会科学研究所・ベネッセ教育総合研究所共同研究「子どもの生活と学び」研究プロジェクト(親子パネル調査)では、同一の親子(小学1年生から高校3年生、約2万1千組)を対象に、毎年、複数の調査を実施しています。本調査は、全学年を対象に毎年1回実施する「親子調査」とは別に、高校3年生の子どものみを対象に、高校卒業時の3月に実施する調査です。 この調査では、高校3年生が、高校生活において、①学習や生活でどのような経験・体験をしてきたのか、②どのような進路選択をしたのか、高校卒業時に、③高校3年間の生活や自分自身の「自立」の状況をどのように評価しているのか、を明らかにすることができます。

≫続きを読む

パブリシティ RSS ※パブリシティのRSS配信を行っております。

アクセスランキング
現在
昨日
週間
先週
今月
先月
年間
記事や調査結果の掲載・引用について
研究所について
  • 乳幼児・子育て研究
  • 初等中等教育研究
  • 高等教育研究
  • 資質能力測定研究
  • 英語・言語教育研究
  • カリキュラム研究開発

ページのTOPに戻る