グローバル教育研究室

調査・研究データ

東アジア高校英語教育GTEC調査2006・速報版

関連タグ:

クリップする

報告書を一括ダウンロードする。

≫PDFダウンロード

GET ADOBE READER

※内容をご確認いただくためにはAdobe Readerが必要です。

報告書の概要

調査テーマ

東アジアの2カ国(日本・韓国)における高校生の英語コミュニケーション能力と学習行動や意識、英語使用状況や教員の指導理念・方法の調査から、両国の英語教育の実態を把握し、課題を明らかにする。

調査項目

<生徒>
英語コミュニケーション能力、小学生以前の英語学習、家庭での英語学習、授業での英語活動の内容、英語使用経験、英語学習に対する意識 等
<教員>
英語教育の指導理念、配慮している点 等

調査時期

日本:2006年7月~2007年1月
韓国:2006年9月


※『東アジア高校英語教育GTEC調査2006速報版』の12ページ「3.日本と韓国の高校生」について、日本のライティング・スコア、およびそのグレード分布について変更しております(韓国との比較のために換算したスコアへの変更)。ご確認ください。

速報版の目次・詳細

 

1.日本の高校生の英語学習

 1) 学校での英語学習

 2) 宿題・予習・復習を中心とした家庭での英語学習

 3) 英語学習の好き嫌い

 4) 英語学習に対する意識

 

2.小学校での英語学習の影響

 小学校での英語学習の状況

 1) 小学生時の英語学習の好き嫌い

 2) 小学校での英語学習経験と現在の英語学習に対する意識

 3) 英語学習の効果感

 

3.日本と韓国の高校生

 1) 英語力の状況

 2) 英語圏での英語使用経験

 3) 国内での英語使用経験

 

全ページをPDFで見る    

PDF PDFダウンロード
(3MB)
 

関連調査ラインナップ

  東アジア高校英語教育GTEC調査2006 本報告書
 

「2010年子どもの教育を考える」内に担当研究員からの、詳細レポート記事が掲載されております。

ページのTOPに戻る