乳幼児・子育て研究

調査・研究データ

幼児・小学生の生活に対する新型コロナウイルス感染症の影響調査 ―2020年5月実施―

関連タグ: 乳幼児・子育て研究

クリップする
GET ADOBE READER

※内容をご確認いただくためにはAdobe Readerが必要です。

調査の背景

 2020年1月以降、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界中で流行しています。国内では、緊急事態宣言が発令され、新学期を挟む約2か月間に渡り、園や学校が休校になりました。

 ベネッセ教育総合研究所では、5月下旬の、一部の地域ではまだ緊急事態宣言が解除されておらず、多くの園や学校が休校だった時期に、幼児と小学生の生活の実態と、保護者のかかわり、生活や学習に関する意識を把握することを目的として、緊急で調査を行いました。

調査概要

● 調査目的

新型コロナウイルス感染症の流行とそれに伴う生活環境の変化が、幼児と小学生の親子に与えた影響を明らかにすること

● 調査方法

インターネット調査

● 調査地域

全国

● 調査時期

2020年5月22日~5月24日

● 調査対象

1歳児(2018年度生まれ)~小学6年生の子どもをもつ母親2,266名

● 調査項目

子どもの生活実態や子どもの様子/母親の子育ての悩みや気がかり、子育てに関わる意識、養育行動、今後の子育て・教育への意向など

● 調査監修・協力・企画・分析メンバー

【調査監修】
 榊原 洋一 ベネッセ教育総合研究所常任顧問。チャイルド・リサーチ・ネット所長。
       お茶の水女子大学名誉教授
 安藤 智子 筑波大学人間系教授

【協力】
 木村 治生 同研究所主席研究員

【企画・分析】
 高岡 純子  同研究所主席研究員
 邵 勤風   同研究所主任研究員
 持田 聖子  同研究所主任研究員
 真田 美恵子 同研究所主任研究員
 李 知苑   同研究所研究員


調査結果

プレスリリース(就学前の子どもを持つ母親 1,030名の結果)

≫PDFダウンロード

プレスリリースに関する調査監修者の解説

≫PDFダウンロード

集計表(公開予定/就学前・小学生の集計結果)

  

関連情報


新型コロナウイルス感染症と子どもの生活・学び

チャイルド・リサーチ・ネット(CRN)とベネッセ教育総合研究所では、
新型コロナウイルス感染症に関連する有用な情報の提供を行っております。

ページのTOPに戻る