教育フォーカス

 

【特集17】学生の学びと成長のプロセスを可視化する

【特集17】学生の学びと成長のプロセスを可視化する 
<高知大学×ベネッセ 共同研究>

1.研究の目的

高知大学は、平成28年度の文部科学省「大学教育再生加速プログラム(AP)」テーマⅤ「卒業時における質保証の取組の強化」に採択されました。「地域協働による教育」の展開と学生の能力を育成することに加えて、①「教育」に対する教員の意識改革、②「多面的評価指標」の開発、③地域と社会と協働した「学生の成長の検証」を3本柱とし、教育の質保証の仕組みを構築するもので、「地域活性化の中核拠点」のモデルとなることを目指しています。

3本柱のひとつである③地域と社会と協働した「学生の成長の検証」について、高知大学とベネッセ教育総合研究所は共同研究を立ち上げました。

「地域活性化の中核的拠点」として、地域の課題解決に資する人材育成ができているかについて明らかにするため、高知大学卒業生の就職先における活躍状況(自己評価と職場評価)およびそこで求められている能力、評価について調査を行い、在学中の学修成果と照らし合わせて検証を行います。

共同研究で得られた成果は、わが国の高等教育機関における教育の質向上のために広く情報提供を行う予定です。

2.研究体制 ◎は研究代表者

<高知大学>
◎藤田 尚文(理事(教育・附属学校園担当))
塩崎 俊彦(大学教育創造センター 教授)
杉田 郁代(大学教育創造センター 特任准教授)

<ベネッセ教育総合研究所>
◎谷山 和成(所長)
木村 治生(副所長)
岡田 佐織(高等教育研究室 研究員)
松本 留奈(高等教育研究室 研究員)


Topへ戻る

 【特集17】 一覧へ